外壁塗装の一括見積もり実績No.1
HOME > 適正価格と手抜き工事

外壁塗装の適正価格と手抜き工事の手口

外壁塗装の手抜き工事をする実態や方法

外壁塗装業界にも残念ながら悪徳業者は存在します。

悪徳塗装業者に関しては、悪徳業者の手口で説明をしていますが、この他にも悪質な塗装を工事をする手口が存在しますのでご紹介します。

悪質な手抜き工事ですが下請け孫請けと中間マージンを取れらて利益が出ない為に仕方なく手抜き工事している塗装業者も少なくありません。だからと言って許される事ではありませんが・・・

外壁塗装の見積り価格の違いについてパック料金や固定料金、激安価格についてもご紹介しています。

高圧洗浄の手抜き

外壁、屋根塗装での高圧洗浄は、とても大切な作業になります。この作業で手抜きをすると後々汚れで塗膜が密着せず塗装の浮きなどが起きてしまいます。また塗膜が一ヶ所剝がれるとそこから水や汚れが入り込みどんどん剥がれていきます。高圧洗浄で手抜きをされる事は確実に劣化の原因になります。
対処方法対処方法:高圧洗浄は半日から1日作業になります。
ですので、とくに築年数が10年以上、汚れが目立つなどある建物の場合で高圧洗浄が半日以下で終了した場合には、自分で汚れやコケなどが落ちているかチェックして、不十分だと思ったら塗装業者にクレームを出しましょう。

下地処理の手抜き

外壁のひび割れ・凹凸などの補修をする下地処理ですか手抜きをすると、大きな劣化の原因になります。大きいひび割れなどで無い場合には塗装すると塗料で隠れてしまい素人では見抜くことが出来ませんが数年後に塗料の剥がれやひび割れが大きくなったり塗装が割れるようなことが起きてしまいます。
対処方法対処方法:事前に細かいひび割れ箇所や塗装の剥がれ部分などをチェックしておき、下地処理がされているかをチェックする。
信頼できる塗装業者さんが一番良いのですが不安なら事前に外壁のひび割れなどをチェックしましょう。その際、写真などを撮って置き補修箇所を把握すると良いです。

実際に塗装業者さんが補修をすると補修箇所は外壁と色が変わる為に確認することが容易です。また補修前と補修後の写真を撮影してもらうのが一番良いですがお願いするのは気が引ける方も多いと思います。

そんな時は事前に補修箇所を撮影した写真を塗装業者さんに渡して「こんなにひび割れがあるけど大丈夫?」など質問をして補修方法などを確認すると、しっちかりと補修してもらえる確率も上がり心理的にも手抜きをし難いと思います。

高圧洗浄後や塗装後の乾燥時間を待たない

乾燥時間をしっかりと取らずに、不十分な乾燥状態で塗装すると塗料が定着し難くくなり本来の塗料の性能を十分に発揮できず耐用年数を減らすことに繋がったりします。
対処方法対処方法:高圧洗浄で半日使ったら翌朝作業までは乾燥時間と考える。特に湿度の高い季節などは乾燥したかをしっかりと確認する必要があります。

塗装も下塗り中塗り上塗りと1工程1日が基本ですので下塗り中塗り上塗りは最低で3日間の施工になります。もしも1日に下塗り中塗りをされそうになり、注意すると塗装業者に「塗料が乾いている」と触って確認されてた場合でも表面だけが乾いていて不十分な場合が多いので次の工程の中塗りは明日まで待ってもらいましょう。

下塗り中塗りを1日でさせないように監視したり、そのような場合には待つように指摘したりすることは非常に面倒で精神的にもストレスになると思います。

そんな時の対処方法は「作業工程表」を塗装工事前に提出してもらいましょう!工程表があれば本日の作業内容が分かるので安心です。また工程表を提出する塗装業者さんの多くは仕事始めには「今日の作業内容の報告」仕事終わりには「予定通り作業が進み明日の作業内容の報告」などをしてくれるので安心できます。

作業工程表の提出の約束は見積もり時にすると良いと思います。見積もり時なら作業工程表を出せないと言われた場合には契約しなければ良いのです。

契約書に記載してある回数を塗らない

基本的に3回塗りが普通ですが、2回しか塗らない、また3回塗っても乾かない状態で塗ってしまう場合には塗料の耐用年数が格段に下がります。※4回塗りを見積書に記載して料金を取り3回しか塗らない場合には素人には判断ができません。
対処方法対処方法:3回塗りを確認する方法で説明していますが、とても重要なことなので信頼できる塗装業者に任せるか、自身で要注意しましょう。一番多い手抜き工事が乾燥時間を十分に待たずに次の塗装をすることです。施工日数を短くして人件費や仮設足場費用などを浮かす手口です。

塗料を薄める

塗料を薄めて材料費を節約します。もちろん劣化度は最悪です。※塗料は希釈率というものがあり決まった率で濃度を下げる(薄める)のですが、この希釈率を守らず大幅に薄める業者が存在します。
対処方法対処:希釈率を守っているかを確認するのは、現実的には難しいです。基本に戻ってしまいますが信頼できる塗装業者に塗装工事を依頼するしかありません。

希釈とは、彗星塗料には水、油性塗料にはシンナーを混ぜて薄めることを良います。各塗料メーカーで各塗料に対して希釈する率を提示しており施工業者は、その希釈率通り希釈して施工する必要があります。

なぜ外壁屋根塗装をする際に希釈率を守らず大幅に薄める業者がいるかと言うと、お気付きの通り塗料を薄める事で塗料の量が増えるので塗料費が浮きます。

その他にも大きな理由があります。
それは塗料を薄める事で本来の塗料より粘りが弱くなり塗装作業が通常より簡単になり作業時間が短くなるのです。

塗料費、人件費、施工日数の短縮により経費の削減ができる為に利益が大きくなったり低価格の塗装工事ができたりします。

希釈率を守っているかを確認する方法はありませんので信頼できる塗装業者を探しましょう!「業者選びのポイント」を参考にしてみて下さい。

塗料を薄く塗る

塗料を薄く塗ることで使用する塗料の量を減らし材料代を節約します。
対処方法対処方法:下塗り中塗り時に薄く塗られても確認のしようがありません。また塗っているのを見ていても素人では薄いのか普通なのか判断もできません。ですのでこちらも現実的に見極めるのが不可能です。

上記の「塗料を薄める」に書いてある業者選びのポイントを参考にして信頼できる業者を探しましょう。

見積書に記載してある塗料を使わない

記載した塗料より安い塗料を使って材料代を節約します。
対処方法対処方法:使用している塗料の缶の名前を確認して下さい。「見積書に記載した塗料よりこちらの塗料の方が良い」からなどいう業者も存在しますが一切認める必要はありません。工事をストップさせて塗り直しさせましょう。上塗りで気づいても遅いので、下塗り中塗り時にチェックしましょう。

外壁塗装は適正価格内の低価格を!

最近、外壁塗装のパック料金や固定料金、激安価格の広告などをよく見かけます。

パック料金や固定料金、激安価格で外壁塗装の工事が適切にできる業者も存在するのかも知れません。

たしかに外壁の塗り替え費用は、安ければ安いほど良いのは当然なことですが、建物の築年数・塗り替え塗装後の経過年数・建物の傷み具合など色々な状況で、外壁塗装工事に、かかる費用も違ってきます。

建物の傷み具合に合わせて下地処理や下塗り塗料が変わります。傷んでいれば傷んでいるほど丁寧な作業をする必要があります。その分費用はかかってしまいます。費用はかかりますが耐用年数は延びます。

傷んでいる建物をパック料金などで塗装する場合には、傷み具合に合わせて下地処理や下塗り塗料を変えてもらえるのでしょうか?パック料金などで建物の傷み具合に合わせて丁寧な作業をしてもらえるのでしょうか?

車に例えるなら、傷の少ない数年使用した車全体の色を変えるのとキズや凹みが多くある10年使用した車全体の色を変える場合に同じ価格で塗装はできないですよね?

車の状態によって車の塗装にも適正価格があるように外壁の塗装にも適正価格というものがあります。

外壁の塗装は、素人が見ても手抜工事は中々見抜けません。年月が経過して外壁の塗装が耐用年数より遥かに短い期間に劣化して、はじめて気づきます。ですので価格が安いか高いかは、塗装後1年~5年経たなければ分かりません。

広告などの単に価格が安いと言うだけに惑わされひどい目に遭いませんようにお気をつけて下さい。後悔をしないように、建物の状態に伴った外壁塗装の適正価格で塗装工事をして下さい。

単純に価格の安さを求めずに、まずは複数社に見積もりをしてください。5社くらいの見積書を確認するとある程度建物の適正価格が見えてきます。

適正価格が分かったら大幅に安い見積書などは破棄して適正価格内で最も安い見積書で検討しましょう!


外壁塗装のを考えているなら外壁塗装の案内所
head_img

head_img
photo

お問い合わせ、ご相談はコチラへ!

icon フリーダイヤル0120-441-431
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

ページトップに戻る