外壁塗装の一括見積もり実績No.1
HOME > 業者選びのポイント

外壁塗装工事をする塗装業者を選ぶポイント

家の外壁を見て汚れている劣化が激しいなど感じ初めて外壁塗装工事を考える感じ方も多いと思います。そんな時に塗装業者に頼むのは分かるがドコに頼めば良いか困ると思います。

そしてインターネットで調べると悪徳業者の多さや手抜き工事の実情や料金の幅の広さに戸惑う方も多いと思いますので外壁塗装工事の業者の選び方を解説していきます。

塗装業者のホームページで分かる限り下記項目をチェックする

自社施工の塗装業者を探す

ポイント自社施工の塗装業者のメリットは大きいです。中間マージンが無いことで低価格で施工できる事も多くあります。注意点はホームページに自社施工と書いてあったからと言って100%自社施工とは限らないと言う事です。自社施工と言って下請けを使っている会社もありますが自社職人ですと言われてしまえば確かめようがありません。

自社施工をしっかりと確認する為にはホームページです。塗装業者さんのホームページには職人さんが顔写真と名前が掲載されている事が多いので、掲載されている職人さんが施工に来るということで確かめることが可能かと思います。

外壁塗装の施工実績を確認

当サイトでもご利用者様のアンケートや施工写真を掲載していますが、塗装業者さんのホームページでも施工事例が数多く掲載されています。

この施工事例やお客様の感想などを確認しましょう。施工事例が数多く掲載されていて感想なども確認しましょう。

ポイント注意点は、施工事例や感想が嘘で作り上げられている場合がありますので気を付けてください。当サイトを見て貰えれば分かると思いますが、まずアンケートや感想は「直筆で書いてある物を画像にして掲載」しています。また筆跡も何十ものアンケートが全て違います。本当の感想やアンケートなら、このように公開する筈ですので、そうでない場合には気を付けてください。

次に施工事例の写真ですが、当サイトでは塗装業者さんに頼む場合と当サイトスタッフが撮影に行く場合があります。施工事例を見て頂ければわかりますが、もちろんカメラのプロでは無いので、施工写真はそれなりの画像で施工前と施工後の配置も一緒になっていません。

気を付ける点は、プロカメラマンが撮影したような写真が数多くあったりする場合には気を付けましょう。※もちろん職人さんにプロカメラマン志望だった方がいた場合は別ですね。

保証

アフターサービスで塗装後も安心できる体制の塗装業者さんを選びましょう。

10年もつと塗料を塗ったのに数年で剥がれたなんて事が起きたら大変です。

まず保証書を発行してもらいましょう。耐用年数15年~20年の塗料に10年保証くらいが望ましいです。保証書も大切ですが二次的な問題で保証範囲の問題や対応してくれない問題などもあります。

ですので定期点検をしてくれる塗装業者さんが良いと思います。例えば、施工1ヵ月後点検、1年後点検、3年後点検、5年後点検、7年後点検など契約書や保証書に記載してあると安心です。

資格

ホームページを確認して「塗装技能士」がいる塗装業者さんを選びましょう。

資格 内容
職業訓練指導員 ・都道府県知事認定
・級塗装技能士合格後、1年の実務経験で受験
一級塗装技能士 ・厚生労働大臣認定の国家資格
・実務経験7年以上か、二級合格後2年の実務経験が必要
二級塗装技能士 ・都道府県知事認定
・実務経験2年以上か、職業高校や専門学校などの学歴により実務がなくても受験できる

マンションやアパートの塗装工事をする場合で500万円以上の工事の場合には「建設業許可票」が必要です。一般的な一戸建てには必要ありませんが500万円以上の塗装工事をする場合には許可書の確認ょしましょう。

しっかりとした見積書で適正価格かを確認

しっかりとした見積書とは、例えば外壁の上塗り項目に「外壁 上塗り シリコン塗料」では無く「シリコン塗料の塗料名」をしっかりと記載してあるなど詳細な見積書を提出する業者を選びましょう。

次に、見積もり価格ですが適正価格かどうかの判断は難しいと思いますが塗装工事をする建物の相場や適正価格範囲を読み取れるように複数社から見積もりを取りましょう。

外壁塗装工事をする業者のタイプ(業態)

塗装工事をする業者と一口で言っても色々な業種の会社がいます。自分に合った塗装工事をする建物に会った業者タイプを選びましょう!

業者のタイプは、大手ハウスメーカー、工務店、小規模ハウスメーカー、ホームセンター、リフォーム会社、塗装店などがあります。

ハウスメーカーで塗装工事

ハウスメーカーハウスメーカーで建てた方は、10年点検などで外壁塗装を勧められる事が多いと思います。
ハウスメーカーで外壁塗装をする方の多くはハウスメーカーで家を建てた方になります。

大手のハウスメーカーのほとんどが塗装工事を自社ではしません。塗装工事をするのは下請け業者になります。お客さんに外壁塗装の見積書を渡し契約して施工は下請け業者に任せます。

下請け業者が施工しても発注者のハウスメーカーも利益を得ます。中間マージンとして10%~30%のマージンを取ります。例えば、お客さんと100万円の契約をした場合は30万円利益を取り施工する下請け業者は70万円で100万円の見積書の内容の施工をします。

大手ハウスメーカーの場合は自社の利益、下請けの利益を考えている為に高額な見積もり金額が出ます。もちろん大手ですので保証や下請けの管理などをしっかりとしているので雑な施工や手抜き工事などは無いでしょう。

大手のハウスメーカー
価格が高い 施工業務
★★★★★ 下請け、孫請け

ホームセンターで塗装工事

ホームセンターもハウスメーカーと同じく、ほとんど下請けが塗装工事をします。

やはり中間マージンが発生しているので、その分割高になっていることが多いです。パック料金やセット料金のシステムを取っているホームセンターも見かけますが追加追加で結局は割高になる事が多いでしょう。

また、少し安い場合もありますが中間マージンが発生して安いのですから必然的に施工内容に影響していることが多いと思います。

大手ホームセンターなら保証や下請け管理など安心感はありますが、そうでないホームセンターですと少し不安です。

中間マージンが発生して良いことは無いので直接塗装業者さんに施工をお願いした方が良いです。

ホームセンター
価格が高い 施工業務
★★★ 下請け、孫請け

工務店で塗装工事

工務店工務店が自社施工することは、ほぼありません。いつも頼んでいる業者さんが数社いて、その業者が施工します。下請け業者です。

工務店は、空調設備工事や水道工事、電気工事など総管理する業態です。塗装工事も下請けが施工します。もちろん中間マージンが発生します。

工務店
価格が高い 施工業務
★★★★ 下請け

リフォーム会社で塗装工事

リフォーム会社リフォーム会社はその名の通りリフォーム全般を扱っています。

大手リフォーム会社以外で自社職人だけでリフォーム工事を全てできるようにするのは難しく下請けに施工を依頼しています。

中間マージンも発生しますが大手ほど割高になることは無いと思います。

リフォーム会社には得意分野があります。社長さんが元々大工さんなら塗装は下請けですが大工系の施工なら安心です。ですので塗装を柱にしているリフォーム会社なら安心と言う事になりますが見極めるのが難しいです。

リフォーム会社
価格が高い 施工業務
★★★ 下請け 又は 自社

塗装店で塗装工事

塗装を専門にしている塗装店は、やはりオススメです。中間マージンの発生は無く塗装工事自体にお金が回りますので施工品質も上がります。

他業態と比べ広告宣伝費や営業費などの経費も少ない為に外壁塗装工事の価格帯も低価格になりやすいです。

施工も自社施工になり安心して任せられると同時に、何かあった時でも中間会社がいない為、話もスムーズに進みます。

外壁塗装、屋根塗装工事をするなら塗装店が一番のおすすめです。当サイトの加盟店の多くがこの塗装店になります。

小規模の塗装店ですと自社施工と言っても一人親方で不安も感じますが、塗装工事の時には決まった知り合いの職人に頼むなどしています。毎回決まった職人さんなら安心ですが忙しい時など知人の知人など腕が悪い職人さんに頼む時などもあるらしいので、その点だけは気を付けましょう。

塗装店
価格が高い 施工業務
自社

塗装店でも大きく分けると2つのタイプがある

塗装を専門としている塗装店は、職人系と営業系の2タイプがあります。

営業系の塗装店

営業系の塗装店の特徴はね新聞の折り込み広告や営業マンがいます。また塗料などを大量注文して安く仕入れ材料費を抑える仮設足場も自社で持っていることもある。

その為、低価格で値引き交渉も可能です。職人は自社職人で若い職人が多い。

職人系

ホームページなど僅かな営業で営業経費がほとんどかからない為に低価格が多いが基本的に値引きはしないところが多い。

完成度を意識しているので塗料のこだわりなどから高い塗料を勧められたりすることも多い。経験豊かな職人が多くいる。仮設足場は外注が多い

どちらのタイプが良いのか?

営業系の塗装店は、低価格で品質も良いので価格を気にしている方は、こちらのタイプが良いでしょう。

職人系の塗装店は、高品質を重視しているので完成度を重視している方は、こちらのタイプが良いでしょう。

営業系も職人系も良心的な業者もいれば、そうでない業者もいます。優良な塗装店を探す時には、複数社に見積もりを依頼して現地調査に立ち会いしっかりと話を聞き人柄や塗装店の方針などを把握しましょう。そして見積もりの内容と価格を比較検討して納得の行く塗装工事をしましょう。


外壁塗装のを考えているなら外壁塗装の案内所
head_img

head_img
photo

お問い合わせ、ご相談はコチラへ!

icon フリーダイヤル0120-441-431
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

ページトップに戻る